· 

2019年9月25日歴史の里講座

2019年9月25日

歴史の里講座が開催されました。

 

名古屋市教育委員会の学芸員 深谷 淳氏による

「断夫山古墳築造の背景をさぐる」

ー百舌鳥・古市古墳群との関係をふまえてー

 

愛知で墳丘の長さが一番の断夫山古墳は6世紀の築造と考えられ、その時期としては全国有数の規模を誇ります。

 

 

このような大きな古墳がなぜ名古屋に造られたのか。

 

とても興味深いお話をしていただきました。

 

我々マイスターの会以外の方々にもオープン講座としたため、21名のご参加がありました。

 

深谷先生、有難うございました。